子宮頸がんワクチン

Cervical cancer vaccine

無料接種(公費負担)対象は下記のいずれかに該当する方です。

 

定期接種対象期間:小学 6 年生の 4 月~高校 1 年生の 3 月 (公費で 3 回接種を終えるには最終開始時期は高校 1 年生の 9 月中)

 

1997~2005 年度生まれの方(2022 年 4 月以降に行政より郵送などでお知らせがあるようです)
(厚労省がワクチン接種を積極勧奨していなかった期間に定期接種の対象年齢を過ぎた方)

 

「ガーダシル」(4価ワクチン)

定期接種対象期間の方は公費負担で受けることができます。
子宮頸がんの主因となるヒトパピローマウィルス(HPV)16型・18型と
良性の尖形コンジローマの原因となる6型・11型の4つの型に対するワクチンです。

 

効果は70%と言われています(16型・18型以外の型のウィルスには効かないため)

 

ワクチン接種後も定期的な頸がん検診が推奨されます。

 

3回の接種(初回+2ヶ月後+6ヶ月後)で100%の免疫がつき、効果は20年以上続くといわれています。

 

「シルガード9」(9価ワクチン)

任意接種のため自費となります。定期接種になる可能性はありますが、現時点では未定です。
1回の接種が25000円+税(27500円)となります。
現在定期接種で使用されているガーダシル(4価HPVワクチン6/11/16/18型)に加えて
HPV31/33/45/52/58型にも予防効果があります。
子宮頸がんの原因となるHPV型の約90%をカバーします。

 

初診時に、スケジュールの説明・同意書の記入をもって、ワクチンを取り寄せ予約致します。

 

効果は90%と言われています(稀な型のHPVには効かないため)。

 

ワクチン接種後も定期的な頸がん検診が推奨されます。

 

3回の接種(初回+2ヶ月後+6ヶ月後)で100%の免疫がつき、効果は20年以上続くといわれています。

 

子宮頸がんワクチンに関しての情報サイト

接種に際しては、下記の外部サイトも参照して下さい。

子宮頸がん予防情報サイト(分かりやすい動画あり)

TOP|子宮頸がん予防情報サイト「もっと守ろう」 (shikyukeigan-yobo.jp)

子宮頸がんとHPVワクチン(厚労省からの一般の方への情報)

ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がん(子宮けいがん)とHPVワクチン~|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために(日本産科婦人科学会による最新知識)

子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために|公益社団法人 日本産科婦人科学会 (jsog.or.jp)

ご予約のご案内Reserve

診察は、基本的に電話での予約制となっています。
初めて当クリニックを受診される方(初診)もご予約の上お越し下さいますようにお願い致します。
当日に受診希望の場合も、予約可能かどうか必ず電話にて確認をお願いいたします。

診療時間
9:30~13:00
(最終受付11:30)
16:00~19:00
(最終受付18:30)
ご予約・お問い合わせ 079-421-8811 お電話受付時間 9:30~12:30/16:00~19:00
詳しくはこちらから

お車でお越しの方

加古川バイパス・加古川ランプを降りて南に500m。
クリニック横に契約駐車場(タイムズ)がございます。
無料でご利用いただけます。

電車でお越しの方

JR神戸線加古川駅 ビエラ加古川内
加古川駅南出口を出て、西側へ徒歩1分。