高度不妊治療

Assisted Reproductive Technology

高度不妊治療(Assisted Reproductive Technology)とは、体外受精、顕微授精、胚凍結、融解胚移植を行い、妊娠を目指す治療です。 患者さま一人ひとりに最適な治療法を提案できるよう、当院では様々な治療薬、医療技術を準備しております。

初めて高度不妊治療を受けられる方には、ARTセミナーへの参加自己注射指導への参加をお願いしております。ARTセミナーでは、「高度不妊治療へのstep upを考慮すべきタイミング」、「体外受精・顕微授精・胚移植の治療内容」、「実際にどれくらいの来院日数が必要か」などを丁寧に説明します。また、説明会終了後、個別の質問にも対応致します。

体外受精/顕微授精を推奨するケース

体外受精/顕微授精の適応者
  • 卵管性不妊(両側の卵管閉塞・卵管水腫)
  • 免疫性不妊(抗精子抗体陽性)
  • 男性不妊(精液所見不良・無精子症)
  • 原因不明の場合

絶対的な適応として、卵管性不妊(両側の卵管閉塞・卵管水腫)、免疫性不妊(抗精子抗体陽性)、男性不妊(精液所見不良・無精子症)などがあげられます。しかし、現実的にはこれらの原因はそう多くありません。むしろ、原因不明であっても、年齢・不妊期間・これまでの治療期間(一般不妊治療の限界)・ご夫婦の希望などから複合的に推奨されることがほとんどです。

体外受精/顕微授精の流れ

8つのstepからなります。(各stepの詳細はARTセミナーにて説明させていただきます。)

STEP1
卵巣刺激で良質な卵子を発育させる
STEP2
採卵(卵巣から卵子を採取する)
STEP3
卵子と精子を受精させる(体外受精/顕微授精)
STEP4
胚(受精卵)を培養器で育てる
STEP5
胚凍結を行う
STEP6
胚を融解し、子宮内に胚移植を行う
STEP7
黄体ホルモンを補充する
STEP8
妊娠判定

よりよい受精卵を多く得るために

当院では、一定以上の確証がある卵子の数や質を向上させる検査を行い、サプリを必要に応じて処方します。

ビタミンD・DHEA

採血を行い、不足している場合は適正値まで改善させることで、卵の数や質を向上させる効果があります。

メラトニン・レスベラトロール

抗酸化作用のあるサプリで、良質な受精卵獲得率が上がるという報告があります。

通常の体外受精や顕微授精では思うような結果が得られない時に下記の医療技術を提案することがあります。

卵子活性化

顕微授精の受精率が低い場合に用いる技術の1つです。Caイオンを多く含む培養液を用いることで受精の際におこる卵子活性化を補助します。

polscope法

顕微授精において、低受精率、胚発生不良の場合に用いる技術の1つです。卵子内の紡錘体の位置を確認し、顕微授精の針穿刺時に卵へのダメージを軽減します。

PICSI

顕微授精の精密な精子選別方法の1つです。胚発生不良の場合、胚盤胞到達率の改善が期待されます。

よりよい着床率のために

SEET法

SEET法(子宮内膜刺激胚移植法)は、胚盤胞移植において着床率の上げるための方法です。採卵から5-6日目に受精卵が浸っていた培養液(SEET液)を凍結保存します。凍結融解移植を行う周期に、胚盤胞を移植する2〜3日前に凍結していたSEET液を先に子宮に注入し、その数日後、凍結融解胚移植を行います。胚盤胞のみを移植するよりも大幅に妊娠率が向上します。

G-CSF法

着床現象は炎症反応を伴うため、子宮内は軽い炎症状態の方が好ましいといわれています。炎症性サイトカインであるG-CSF(顆粒球コロニー刺激因子)を子宮内に注入することで、軽い炎症を惹起させ、子宮内膜を厚くしたり、着床環境の改善効果、着床率の上昇が報告されています。

受精卵生着促進剤

胚融解~胚移植操作で、特殊な培養液を用いることで着床率の上昇が期待されます。

アシステッド・ハッチング(AHA)

胚(受精卵)は透明帯の殻を破って出てきた(ハッチング= 孵化)もののみが着床できます。AHAとは、移植前の胚の透明帯を薄くして一部に切れ込みをいれることでハッチングを助ける操作で、着床率の上昇が期待できます。

着床不全検査/不育症検査

慢性子宮内膜炎

子宮内細菌感染による慢性子宮内膜炎の状態だと、着床率が大きく低下します。反復着床障害の方の1/3に見つかるといわれており、内膜生検+特殊免疫染色で診断し、抗生剤で治療します。しっかりと治癒できたことを再検査で確認できれば着床率は改善します。当院では良好胚を2-3回移植しても妊娠しない時に提案することがあります。

ERA(着床の窓)

子宮内膜が受精卵を受け入れられる期間はある程度短いと言われており、それを「着床の窓」と呼びます。子宮内膜胚受容能の遺伝子発現パターンを解析することで、着床の窓にズレがないか、より良い移植タイミングはいつ頃なのかを調べます。また当院ではERAの結果とその他の因子を勘案することで最適な胚移植時期を提案することもあります。

治療実績

2021年1月以降の治療成績です。
2020年以前の治療成績は院内の掲示をご覧ください。

妊娠率

日本産科婦人科学会によるARTデータブック2017との比較。いずれの年代でも全国平均を上回る妊娠率となっています。

採卵1回あたりの成績

当院では、原則として受精卵を3日間培養した分割胚を1個凍結し、残りを5-6日間培養する胚盤胞を目指す方針としています。

受精率

体外受精(c-IVF)受精率顕微授精(ICSI)受精率

ESHRE(ヨーロッパ生殖医学会)は培養成績の評価項目としてKPIs(Key Performance indicators)を提唱しており、そのKPIsの基準値との比較です。 全ての方に顕微授精が必要なわけではありませんが、当院の顕微授精は高い受精率ですので、採卵個数が多い方には初回から体外受精と顕微授精を半々にすることをお勧めしています。

胚盤胞到達率

胚盤胞到達率

受精卵を5-6日目培養したものを胚盤胞と呼びます。胚盤胞は分割胚よりも妊娠率が高く、当院では5.6日目に胚盤胞となったものを凍結保存しています。ESHRE KPIsと比較してますが、ESHREは5日目に到達したもののみで胚盤胞到達率を算出しているので、単純比較はできませんが、十分に高い数値といえます。

料金一覧

項目 料金(消費税込)
AIH ¥16,500
凍結精子を使用したAIH ¥18,700
採卵 卵巣刺激周期
(連日注射)
初回・2回目 ¥121,000
3回目以降 ¥99,000
自然周期
(基本内服のみ)
初回・2回目 ¥88,000
3回目以降 ¥77,000
採卵するも卵子を得られない場合 ¥55,000
採卵できたが受精卵凍結できない場合 ¥110,000
精液調整・卵子調整 ¥33,000
麻酔管理料 局所麻酔 ¥0
プレミアム局所麻酔 ¥3,300
全身麻酔 ¥22,000
体外受精 手技 ¥11,000
顕微授精 手技 採卵個数 15個未満 ¥55,000
採卵個数 15個以上 ¥77,000
初期胚培養 ¥22,000
胚盤胞培養 ¥22,000
初期胚凍結(1年間の凍結保存費込) ¥22,000
胚盤胞凍結(1年間の凍結保存費込) ¥33,000
受精卵凍結延長保存(1年毎) ¥33,000
胚移植 ¥55,000
凍結胚融解・胚調整 ¥22,000
AHA(孵化補助療法) ¥22,000
SEET法 ¥22,000
G-CSF法 ¥16,500
2段階胚移植(通常の胚移植費に追加) ¥44,000
精子凍結 初回1年保存 ¥11,000
延長保存2年毎 ¥11,000
精巣組織凍結保存 初回1年保存 ¥55,000
延長保存2年毎 ¥33,000
  • 上記には採卵までの卵胞刺激にかかる薬剤・注射・検査費用は含まれていません。

ご予約のご案内Reserve

診察は、基本的に電話での予約制となっています。
初めて当クリニックを受診される方(初診)もご予約の上お越し下さいますようにお願い致します。
当日に受診希望の場合も、予約可能かどうか必ず電話にて確認をお願いいたします。

診療時間
9:30~13:00
(最終受付11:30)
16:00~19:00
(最終受付18:30)
ご予約・お問い合わせ 079-421-8811 お電話受付時間 9:30~12:30/16:00~19:00
詳しくはこちらから

お車でお越しの方

加古川バイパス・加古川ランプを降りて南に500m。
クリニック横に契約駐車場(タイムズ)がございます。
無料でご利用いただけます。

電車でお越しの方

JR神戸線加古川駅 ビエラ加古川内
加古川駅南出口を出て、西側へ徒歩1分。