親愛LCブログ

Blog

不妊治療のことや女性の体のお悩みについての
コラムを掲載しております。

PCOSの治療戦略③(まとめ)

多嚢胞性卵巣に関して④回目は「多嚢胞性卵巣に対する当院での治療方針(まとめ)」について説明します。今回は、全て個人的な治療方針です。平素の論文紹介などとは一線を画す記事ですので、参考程度だと思って読んで下さい。

 

① シクロフェニル(セキソビット)単独内服

② クロミフェン(クロミッド)単独内服

③ レトロゾール(フェマーラ)単独内服

④ フェマーラ+クロミッド併用内服

(⑤FSH製剤連日注射)

(⑥ドリリング手術)

⑦ ART(体外受精)

 

①セキソビットで排卵するかを診ます(PCOの程度によって排卵困難が予測される場合は省略することがあります)。月経周期が整っている方はPCOMの可能性が高いです。セキソビットは双胎リスク・過排卵リスクが低いため、セキソビットで排卵するなら、それに越したことはありません。

 

②③④以前のブログで紹介した通り、クロミッドよりもフェマーラの方が成績は良いです。しかし、2021/11/18現在ではフェマーラは排卵誘発における保険適応がありませんので、コストがかさみます。そのため、まずはクロミッド単独、次いでフェマーラ単独、それでもダメならフェマーラ+クロミッド併用と進めていきます。

 

④⑤これらの比較試験を見つけることは出来ませんでした。個人的には、④≧⑤で治療効果が高いという実感です。⑤は連日注射と身体的負担が高く、薬剤も高い上に、過排卵リスクもあるため(それなら体外受精した方が早く結果出るかともなるので)、④フェマーラ+クロミッド併用内服の登場により、あまり選択しなくなっています。

 

③⑥ドリリング手術はフェマーラ単独内服と効果に差がありません。薬内服と差がないのに手術しますか?というと自ずと答えは出ます。当院で勧めることはありません。

 

④⑦最近は、④フェマーラ+クロミッド併用内服でも難しい症例は、その他の補助的な治療をも織り交ぜながら、⑦体外受精に進むことが多いです。体外受精においてもOHSSの注意は必要ですが、単独排卵に縛られずに多数の卵胞発育させる方針となります。

ご予約のご案内Reserve

診察は、基本的に電話での予約制となっています。
初めて当クリニックを受診される方(初診)もご予約の上お越し下さいますようにお願い致します。
当日に受診希望の場合も、予約可能かどうか必ず電話にて確認をお願いいたします。

診療時間
9:30~13:00
(最終受付11:30)
16:00~19:00
(最終受付18:30)
ご予約・お問い合わせ 079-421-8811 お電話受付時間 9:30~12:30/16:00~19:00
詳しくはこちらから

お車でお越しの方

加古川バイパス・加古川ランプを降りて南に500m。
クリニック横に契約駐車場(タイムズ)がございます。
無料でご利用いただけます。

電車でお越しの方

JR神戸線加古川駅 ビエラ加古川内
加古川駅南出口を出て、西側へ徒歩1分。