親愛LCブログ

Blog

不妊治療のことや女性の体のお悩みについての
コラムを掲載しております。

PCOSの治療戦略②(PCOSに対するフェマーラ+クロミッド併用療法の有用性)

多嚢胞性卵巣に関して③回目は「PCOSに対するレトロゾール(フェマーラ)+クロミフェン(クロミッド)の有用性」について紹介します。

 

前回、PCOSに対してはクロミッド単独よりもフェマーラ単独療法の方が有用であるという論文を紹介しました。今回は、フェマーラ単独よりもフェマーラ+クロミッド併用の方がより効果的ではないかという論文です。

 

PCOSに対するフェマーラ単独療法とフェマーラ+クロミッド併用療法の比較

対象・方法:18-40歳のPCOSの方70名に対して、フェマーラ2.5mg or フェマーラ2.5mg+クロミッド50mgを使用し、初回治療の排卵有無を比較検討した。

 

結果:

フェマーラ+クロミッドの排卵率:77%(27/35)

フェマーラ単独の排卵率:43%(15/35)

 

(実感)

症例数が多くはありませんが、なかなかインパクトのある治療効果の差を認めます。

実際に併用治療した方が排卵率が改善する実感もあります(特に重度のPCOSが併用療法だと簡単に排卵するという人もいます)

 

(個人的な感想)

今までは、クロミッド単独療法→フェマーラ単独療法でうまくいかない場合には、FSH連製剤(連日注射)を選択していました。FSH製剤は、連日注射+コストという観点からデメリットが多い治療ですが、確実性も担保できません。

「FSH製剤がうまくいかなくて、フェマーラ+クロミッドならうまくいった症例」は結構ありましたが、「フェマーラ+クロミッドがうまくいかなくて、FSH製剤ならうまくいった症例」を全く経験しないため、最近ではフェマーラ+クロミッドでうまくいかなければ、体外受精(ART)を推奨するようになりました(もちろん、FSH製剤もフェマーラ+クロミッド併用療法もどちらもうまくいかないケースもあり、それは体外受精するしかないです)。

 

(余談)

最新の論文というのは、興味深いものであっても、現実の実臨床にすぐに活用できることはそう多くありません。この論文は実臨床にすぐに応用できました。「最低週1篇は英論文を読んで報告するように」と指導をしてくれた恩師のおかげで出会えた論文で、2019年3月に発表されたのですが、すぐに3月4月5月と患者さんに活用していくと、目に見えて難渋するPCOSの方が減っていったので、とても思いで深い論文です。

 

出典:Rachel B. Mejia, D.O.: A randomized controlled trial of combination letrozole and clomiphene citrate or letrozole alone for ovulation induction in women with PCOS. Ferti and Steri 2019; 111: 571-578

ご予約のご案内Reserve

診察は、基本的に電話での予約制となっています。
初めて当クリニックを受診される方(初診)もご予約の上お越し下さいますようにお願い致します。
当日に受診希望の場合も、予約可能かどうか必ず電話にて確認をお願いいたします。

診療時間
9:30~13:00
(最終受付11:30)
16:00~19:00
(最終受付18:30)
ご予約・お問い合わせ 079-421-8811 お電話受付時間 9:30~12:30/16:00~19:00
詳しくはこちらから

お車でお越しの方

加古川バイパス・加古川ランプを降りて南に500m。
クリニック横に契約駐車場(タイムズ)がございます。
無料でご利用いただけます。

電車でお越しの方

JR神戸線加古川駅 ビエラ加古川内
加古川駅南出口を出て、西側へ徒歩1分。