親愛LCブログ

Blog

不妊治療のことや女性の体のお悩みについての
コラムを掲載しております。

卵管鏡下卵管形成術(FT)を再開します

卵管狭窄・閉塞の方が、患側での妊娠チャンスも得られるように「卵管鏡下卵管形成術(FT)」の手術を当院でもできる様にしました。

手術は、前職場でFT手術経験が豊富な副院長(藤井雄太)が担当します。

 

卵管鏡下卵管形成術(FT)とは、どんな手術ですか?

 

卵管鏡といわれる直径1mmの細いカメラを使った手術になります。カメラで卵管内を観察し、カメラの周りに付いた柔らかいバルーンカテーテルで、卵管の狭くなっている箇所や、詰まっている箇所を広げて卵管の通過性を改善します(下記画像の様に)。

静脈麻酔薬を使って手術は行いますので痛みはありません。

生理後〜排卵までに行い、手術後すぐの排卵のタイミングから自然妊娠が望めます。

20代で40%、30代前半の方では30〜40%の妊娠率が期待できます。一方で、術後6-12ヶ月経っても妊娠しない時は体外受精へのstep upを提案することがあります。

広げた箇所は再び狭くなったり、詰まったりするなど再発の可能性があります。

 

卵管鏡下卵管形成術(FT)と体外受精(ART)どちらに進むべきか迷います

 

FTを行うということは、手術後に6~12ヶ月くらいタイミング療法・AIHでの妊娠を目指したいと考える場合だと思います。

逆に年齢などから確率の低いことはしたくない、タイミング療法・AIHを長期間する気はないというなら、FTは行わず体外受精に移行するのが良いと思います。

また、卵管因子で体外受精に進んだが、「体外受精を一旦休憩したい」や「第1子を体外受精で妊娠した。第2.3子希望だが体外受精はしない」と考える方にも良い適応だと思います。

ご予約のご案内Reserve

診察は、基本的に電話での予約制となっています。
初めて当クリニックを受診される方(初診)もご予約の上お越し下さいますようにお願い致します。
当日に受診希望の場合も、予約可能かどうか必ず電話にて確認をお願いいたします。

診療時間
9:30~13:00
(最終受付11:30)
16:00~19:00
(最終受付18:30)
ご予約・お問い合わせ 079-421-8811 お電話受付時間 9:30~12:30/16:00~19:00
詳しくはこちらから

お車でお越しの方

加古川バイパス・加古川ランプを降りて南に500m。
クリニック横に契約駐車場(タイムズ)がございます。
無料でご利用いただけます。

電車でお越しの方

JR神戸線加古川駅 ビエラ加古川内
加古川駅南出口を出て、西側へ徒歩1分。