親愛LCブログ

Blog

不妊治療のことや女性の体のお悩みについての
コラムを掲載しております。

AMHとの向き合い方(一般不妊治療期間)

前回、前々回、「AMH2.5以下は妊娠するまで治療を継続して欲しい」という考えを提案しました。 「治療を続けて欲しい」とは…

もっと見る

AMHとの向き合い方(具体例)

前回、「AMH2.5以下は妊娠するまで治療を継続して欲しい」という考えを提案しました。今回は、AMHと年齢の具体例を挙げることで、「…

もっと見る

AMHとの向き合い方(総論)

今回次回は、論文を基にした情報紹介ではなく、「AMHとの向き合い方」つまり、AMHの値をどう解釈すべきかを紹介します。 A…

もっと見る

AMH(抗ミューラー管ホルモン)とは?

AMHとは、「卵巣内に卵子がどれくらい残っているか」の指標 AMH(抗ミューラー管ホルモン)は、極初期の卵胞から分泌される…

もっと見る

精液所見:正常下限基準値(WHO 202……

精液所見の基準値は、2010年のWHOが発表したラボマニュアル第5版のデータが最もメジャーですが、約10年ぶりに第6版が改訂されまし…

もっと見る

PCOSの治療戦略③(まとめ)

多嚢胞性卵巣に関して④回目は「多嚢胞性卵巣に対する当院での治療方針(まとめ)」について説明します。今回は、全て個人的な治療方針です。…

もっと見る

PCOSの治療戦略②(PCOSに対するフ……

多嚢胞性卵巣に関して③回目は「PCOSに対するレトロゾール(フェマーラ)+クロミフェン(クロミッド)の有用性」について紹介します。&…

もっと見る

PCOSの治療戦略①(フェマーラの有用性……

多嚢胞性卵巣に関して②回目は「PCOSに対するレトロゾール(フェマーラ)の有用性」について紹介します。(前回紹介した「PCOM」に関…

もっと見る

多嚢胞性卵巣(PCOS/PCOM)につい……

今回から数回に分けて多嚢胞性卵巣について書こうと思います。①回目は、多嚢胞性卵巣(PCOS・PCOM)について紹介します。 …

もっと見る

ピル内服で将来の妊娠しやすさに影響はない……

低用量ピル(LEP/OC)を始めるにあたって非常に(最も?)気になることです。 結論としては、長期服用しても中止後の妊孕性…

もっと見る

ご予約のご案内Reserve

当院は完全予約制をとっております。
初めて来院される方、再診の方ともに、予約の上、ご来院をお願いします。
web予約システムを導入しておりますので、24時間いつでも下記より診療予約が可能です。
当日予約、予約困難な場合は、079-421-8811(予約専用・お電話受付時間:9:30~12:30/16:00~19:00)でも予約を承ります。

診療時間
9:30~13:00
(最終受付12:30)
16:00~19:00
(最終受付18:30)

お車でお越しの方

加古川バイパス・加古川ランプを降りて南に500m。
クリニック横に契約駐車場(タイムズ)がございます。
無料でご利用いただけます。

電車でお越しの方

JR神戸線加古川駅 ビエラ加古川内
加古川駅南出口を出て、西側へ徒歩1分。